恵方巻きを風俗向いて食べよ

遊ぶ上での最低限のルールを決めています

自由に遊んで良いのが風俗だからこそ、じゃあ自分でどうするのかって考えた時に何よりも意識するのは自分の中でのルールですね。遊びたいから遊ぶ。それでも十分な理由になるとは思うんですけど、それだと際限がないというか、自分で自分をコントロール出来なくなってしまうかもしれないじゃないですか。それはちょっと危険というか、勿体ないんじゃないのかなって思うんですよね。風俗はいつでも遊べるものですけど、何度も何度も遊んでいたら次第に慣れていってしまうじゃないですか。自分なりに、常に刺激を感じていたいなって気持ちもありますので、そこは自分なりにコントロールして遊ぶようにしています。だから思うのは、あんまり頻繁に遊ぶのではなくて、自分なりに回数をコントロールして常に新鮮な気持ちで風俗で遊びたいなって。あと、いくら好きだからって言っても惰性ではなく、自分が遊びたいなって思った時にこそ遊びたいなって気持ちはありますよね。

風俗こそ圧倒的だと思った

いろいろな水商売で遊んできた自分ですけど、存在感という点では風俗が圧倒的かなって思っています。結局、女の子とのコミュニケーションを楽しめるのが水商売だと思うんですけど、抜けるのは風俗だけなんです。触るのは出来ても、抜いてもらえるのは風俗だけなんですよね。だから結局は風俗の存在感が突出しているんです。一緒に喋りを楽しみたいだけだって思っていても、男なんて単純じゃないですか。次第にいろいろな気持ちになっていって、紳士に振舞っているように見えて内心では「ヤりたいな」としか考えていないケースだってあるんです。それが男ってものじゃないですか(笑)でも、その思いは叶うことはないんです、風俗以外では。だからこそ、風俗って特別なサービスだって思いますよね。自分の気持ちを叶える場所としては圧倒的な存在感を持っているのが風俗なんじゃないかなと思うので、風俗は自分の中で、相当大きな存在になっているんですよね(笑)