恵方巻きを風俗向いて食べよ

清潔感だけじゃないんだなって

パイパンの風俗嬢との一戦は想像以上に白熱しました。パイパンは初めてだったかなと。それまでAVで見たことがあったのでそこまで違和感と言うか「おぉ!」みたいな新鮮な驚きはありませんでしたけど、パイパンを肉眼で見ると清潔感もありますけど、むしろエロスなんじゃないのかなって思いましたよ。だってパイパンってだけでも本来そこにあるべきものがないんです。むしろその刺激が興奮を生んだような気がするんですよね。だって普通はそこにあるのが当たり前じゃないですか。でもパイパンってことはないんです。でもない訳がないんです。手入れしたからないんです。風俗嬢だからって急に生えてこなくなるようなことはないんです。ということはそれなりに手入れしているのか…って思うと、それがまた新しい興奮を生み出してくれたんです(笑)だから思ったんですよね。パイパンは視覚だけじゃなくでイマジネーションにも訴えかけてくれるものなんだなって。

結果、風俗ということが多い

休日もそうですし、休前日に早く仕事が終わった時などは自分の時間が増えるので、何をしようかなとあれこれ考えるんです。学生であればそこから友人に連絡を入れてつかまった友達と楽しむのもありですけど、社会人ともなれば相手がまだ仕事をしている可能性がどうしても高くなってしまうので、自分だけで遊べるものを見つけなければなりません。そうすると、結局の所風俗が一番なのかなって(笑)誰にも気を使うようなことはありませんし、さらに言えば自分の都合次第じゃないですか。そこが大きな魅力なんじゃないかなって思いますよね。アポイントというか予約を取っておく必要もそこまで高くはないんです。人気嬢でなければ、別にそこまで真剣に考えるようなことでもないですしね。こうして考えると、風俗はプレイそのものもとてもありがたいものなんですけど、男が一人で遊ぶ際、割と都合が良いものだってことに気付かされるんですよね(笑)だからつい遊んじゃうんです。